コロナウィルス対策実施中

筋トレで自信が「つく人」と「つかない人」の違い

筋トレで自信がつく人 未分類

最近、自信についてよく考えています。

というのも、筋トレや整体を通して

「自信をつけたいです…」
「自信がないんです…」


などの、お話をお聞きしたり

「やったことないから…できないです」

???

やったことないのに自信ある人っている?🤔って考えることも。

ただ、自信ってないよりあった方がいい!ですし、どうやったら自信ってつくのか?と思いますよね!?

自信がつく人とつかない人の違いや、僕が感じる

『自信』

についてお話したいと思います。


筋トレで自信がつく?

そもそも自信って形として見えないですし、筋トレして自信ってつくのか…

「存在するものなのか?」

と思うところがあります。

例えば、気に入った鞄があるとしたら、お金を貯めて買う事ができます。

しかし、「どこでもドアが欲しい!」となると、どうやって!?となります。(どこでもドア知ってます?)

つまり「自信が欲しい」は、「どこでもドアが欲しい」に似ています。

実体がないので、どうやって手に入れるのか?が分からない!!って感じです。

筋トレで自信が「つく人」と「つかない人」の違い

筋トレで自信が「つく人」と「つかない人」の違いについてですが

自信がつくは、失敗しながらも挑戦して頑張ってきた人と定義すると

今までたくさんの人に会ってきて、自信ある人の特徴を考えてみると主観ではありますが

・独自の見解
・持論がある

と感じています。

皆さんは、どう思いますか?

良し悪しは置いといて、調べた事を話すだけではなく、+@自分の考えを話す!ということが、大切だと考えます。

これは、お客様と話してても感じることで、自分の中での成功体験があると「自分の意見を話す機会が増える」かなと。

僕は自分の成功体験を皆さんにシェアしていますが、これはあくまで1例に過ぎません。なので人の意見を素直に聞くという訓練をしています。

・短期集中ダイエットで体重コントロールする人

・1日800g以下の栄養補給で理想の身体を目指す人

・ダイエット注射でLカルチニンを打ったら痩せる人

・週7日動いてカロリーを消費することに命をかける人

・YouTube広告のサプリを飲んだら痩せると思っている人

そこに走らないで!ってたまに言ってしまうこともありますが…

それが起爆剤になるのであれば、基本止めません!!

わかった上での挑戦は、失敗ではなく、理想の身体に近づくための近道だと考えています!

そのため、体験レッスンとかでもめちゃくちゃ話を聞きますし、日を変えて同じ質問を繰り返しすることもあります。

話して行く過程で、目標を変わる人もいますし、曖昧だった事がより明確になった!という人もいます。


自信がつかない人は

謙遜して言う事が控えめになる人もいますが、その背景には

・恥ずかしい

・どうせ私には無理

・言ったところで…

ってもう方も多いようです🤔

個人的な見解ですが、大人になってから質問される回数って減りません?

会社に勤めている時は、指示されることは多いけど、意見を聞かれることが少ない印象です。

質問されるときって、何か失敗した時にされるイメージなので、自分の考えを出す機会が減ると

「間違ってたらどうしよう…」

「変な事言わないようにしよう!」

相手の顔色を伺う癖が染みついているので、なかなか本心が言えないってことも…

そもそも、自分の意見に間違いはないんじゃないかなと🤔

意見言った上で、それを貫くのもよし!新たな目標に切り替えるのもよし!

です!!!

まとめ

筋トレで自信が「つく人」と「つかない人」の違いは、あくまで自己満ではありますが、継続して頑張り続けた人が経験に基づく意見や独自の見解をもつ人だと考えます。

僕の場合は、コンディショニング系のスポーツジムをずっとやりたいな!という目標は常に持ち続けていますが、それを達成するための行動はリアルタイムで変わりつつあります◎

そうは言っても、自分の意見をなかなか言えない!と思う方は、試しに僕に伝える練習から、はじめてみてください!

何かヒントが得られるかも知れません〜

人生は1度しかないので、「自分の感情を出す」という事も大切にして欲しいです⭐︎

最近はありがたい事に体験レッスンも増えており、初対面なので緊張される方も多いですが、

なりたい自分の思い!をぶつけて頂けたらと思います◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました