コロナウィルス対策実施中

セルフケアとトレーニングのすゝめ

どんなにいい治療を受けても、どんなにいい整体を受けても、日常生活が不規則であれば、身体は悪いまま。

【意識欲しいこと】

①正しい姿勢を知る、正す
②身体を維持する筋力をつける
③ストレッチをする
④筋肉に栄養を補給する

簡単そうでなかなかできない!そんな方も多いです。一人で悩まないでください。

身体を知ることで、身体は改善しますよ。

無理して頑張る『いい姿勢』はただのストレス

腰が痛い様子

いい姿勢?わかっているけど、気づいたら猫背…そんなことありませんか?

実はあなたが悪いわけではないのです。

あなたは毎日頑張って働いてたり、社会貢献したり、家で家事をしたりしてるわけですから。

悪のものは「日々の習慣」です!

あなたを守るための身体ができていない!これが問題なのです。

25歳を過ぎると筋力が徐々に落ちていくのは、当たり前のことだと思ってください。

そのため身体を維持する筋力を鍛えましょう。

鍛えるところは背中の筋肉です。

『ストレッチも一緒に』

整体ストレッチ

鍛えて伸ばすことで効果的に血液循環をよくしましょう。

習慣にないことを無理に習慣にすることはストレスでしかありません。

だからこそ適度に筋トレやストレッチしましょう。

最初は、続けてみる!とりあえずやるぐらいの気持ちです。

意識してできると、結果がみえるようになります。

それまでちょっとの我慢とコツコツ努力。

たまにエステ行っているので!という方もいますが、筋肉の土台がなければエステの効果も半減してすることに…

併用できたら効果は倍増です!!

『筋肉はタンパク質』

パーソナルトレーニング様子

筋力をつけるならタンパク質が必須。

身体を鍛えたら、タンパク質豊富な食べ物を摂取しましょう。

フォームも大事ですが、身体に効いているかどうかを、確認することをおすすめします。

肩こり腰痛を改善するにも、いい姿勢を創るにも筋肉は必要になってきます。

わからないことはなんでも聞いてくださいね。

STYLE+1が推奨する身体メンテナンス

スタイルワンの身体プログラム
この5つを基本に人の身体は成り立つ

『再始動』眠った細胞を動かす!

これをテーマに、あなたの身体に良い情報を伝えていきます!

身体は使わなければ、衰えていく。

あなたの眠っていた細胞を呼び起こし、若返えりを実現する

『整体、ほぐし、トリートメント、トレーニング』

で筋肉を緩め神経伝達を良くして、トレーニングと整体ストレッチで、トータルケアを実現します。

繰り返しケアしていくことで、『予防と若さ』をキープしていきます。

人間は我慢できるが故に体調を悪くしたりストレスを溜めたりと、身体に影響を受けます。

この5つのバランスを崩すとエネルギーが全身に行き渡らず、歪みを作り出すことに。

この五角形が正しくバランスがとれるようになれれば人は、理想の身体を手に入れています。

理想の身体に近づくと

・肌ツヤがよくなる
・姿勢がよくなる
・自信がついた
・痛みから解放された
・人から褒められるいい姿勢
・疲れにくい身体
・細マッチョになった
・身体が絞れてきた   
etc…    

  

STYLE+1では頑張るあなたを応援

バランスの強化

自分の理想の身体になるには、この4つを大切にしています。

今抱えている不安や原因を解消し、身体にいい状態を記憶させる施術とセルフケアをする必要があります。

論より証拠ということで一生懸命、自身と向き合った人のお身体をご覧ください。

Yさん110kgから83kgに

ダイエット成功男性
SHINYA
SHINYA

Yさんは「腰痛をよくして身体をしぼりたい」という依頼でした。数回の腰痛の施術とトレーニング指導+食事のアドバイスで1年でここまで変化しました。


Fさん-7kgダイエット

FNさんダイエット
SHINYA
SHINYA

写真は3ヶ月で−7kgですが、過去にダイエットでリバウンドで+14kg増えた経験のあるFさんは、ここからリバンドしないように少しずつ身体に慣らして、身体を創っていきます。小さな成幸体験の連続で身体は少しずつ変わります。


スタイルワンにきたおかげで、変わりました!と言って頂けますが、そうではなくて、そのヒントを元に自ら行動したFさん努力なのです。

自分を知るというのはとても大事なことです!

自分と向き合うことで、身体を創っていくことができるので。

スタイルワンの具体的なサポート詳細はこちら



どうやって自分と向き合えばいいのか?分からない方もいますので、お気軽に相談して頂けたらと思います。その他お客様の本音はこちらから見ることができます。





コメント

タイトルとURLをコピーしました