コロナウィルス対策実施中

リアルに立ち方・歩き方・スマホの触り方を考えてみた

STYLE+1ロゴ ブログ

正しい立ち方・歩き方・スマホの触り方を考えてみる

美しく立つ

アーネスト モデルのような美しい姿勢を意識したり、背筋を正すことは、その場でできても常にその姿勢を保つのが大変です。姿勢の維持や継続が難しいのが正しい姿勢なのですが、年齢ともにそのいい姿勢を保つのは難しい…。 なぜなら年齢ともに筋力は落ちてしまうので、維持するのは難しいのは当たり前なのですよね。 単純にいい姿勢を保つために姿勢筋を鍛えてあげることが、いい姿勢になりますし、将来的な健康寿命を延ばすという意味でも筋肉貯金する事をオススメします。 姿勢筋を鍛える!姿勢を維持するためにやるべきことは?こちらをご覧ください! [blogcard url="https://shiga-shinya.com/blog/age-muscle/"]

正しい歩き方

猫背無意識でいい姿勢が保つことができる!これが理想です。 そうすると自然と歩き方にも反映されてくるのですが、歩き方については定義はありませんが、普通の人は「踵から付いてつま先で蹴る」という歩き方をしますが、「つま先から付いて、つま先で蹴る」という歩き方をすると美しく歩ける!という方も多いです。 この歩き方は、つま先だけを意識すると不自然なのですが、骨盤を意識するとスムーズに歩けるので、腰から下で歩く!という感覚に近いかと考えます。美しく歩きたいと考えている方には、オススメの歩き方ですよ。 美しい歩き方と綺麗な姿勢の共通点は呼吸がしやすい!というのが特徴で酸素が全身に回りやすいので、身体の老廃物も流してくれやす状態を作ることができます。

スマホの触り方。これだけは注意

ストレートネック立ち姿勢のスマホいじりは極力避けましょう。首に負担がかかりすぎるとストレートネックになることも。これを継続すると筋肉が硬直し、慢性化になりやすいですよ。 スマホに負けない身体造りは、今の時代必要不可欠です。 理論はわかったけど、そうは言ってもなかなかできないんだよね…とおっしゃる方も多いです。
諦めるのはまだ早いかもしれません!!
整体院STYLE+1にお越しの方は、あちこち行ったにも関わらず症状に苦しんでおられる方も珍しくありません!! 日が経つにつれ、身体の調子が悪くなって不安を感じる… よくなる方法がわからないと、いつになったら良くなるのか…半分あきらめてしまいがちに… STYLE+1にお越しになられる多くの方はダメ元で、でもよくなるのなら!!そんな気持ちでお越しになる方が多いです。 どうしたら元のようになれるのか…諦め半分、期待半分でこられる方が多いですが、そんな方でも、ご自身と向き合い見直していくことで改善していくことは珍しくありません! 一言 キャンペーン メッセージ

☎︎お問い合わせ

電話対応お問い合わせより電話を頂きましたら、 「はい、スタイルワン です。」と応対致しますので 「ホームページを見て、予約をしたいのですが。」とお伝えください。その際にお伺いしたいことがございます。 ①お名前(フルネームでお願いします) ②ご希望の日にち(問い合わせの場合、問い合わせ内容) ③電話番号(連絡のつく連絡先でお願いします) お問合せだけでもOK!! こんな症状だけど…大丈夫かな?などの質問も伺っております。※無理に来院を促すようなことはございませんので、ご連絡くださいませ。 ご予約は電話 or LINE@がスムーズです。 なお、定休日・施術中にご連絡を差し上げることができませんのでご了承ください。 080-7730-5449 営業時間:9:00~20:00 定休日:不定休

メールのお問い合わせ

ご相談などお問い合わせの場合は下記のフォームからどうぞ。 [contact-form-7 id="308" title="フォーム"] 定休日を除き、返信が24時間以内にない場合は、 入力いただいたお客様のE-Mailアドレスのお間違いの可能性があります。 その際にはお手数ですが、メールアドレスをご確認の上、 再度送信いただくか、お電話にてお問合わせください。

LINE@はこちらから

友達検索画面入力にて → @csk8469z LINE@

最後に

瑞穂市内のみならず、岐阜市や大垣市、遠いところでは各務ヶ原市、米原市からも腰痛や肩こりで悩む方が治療に訪れる、整体院STYLE+1では身体を良くする考え方とクラアント様が具体的行動ができるようにお伝えしています! 耳にタコができるほどお伝えしてるため嫌かも知れませんが、これが最短最速で結果をだす方法なのです。今の腰痛や肩こりの治療で常識とされている方法では腰痛は減少するのは難しいです… 最初は少し痛いな…ぐらいの腰痛や肩こりが次第に脚や手が痺れるようになったりとすると、それにより人生を大きく変えてしまう人も少なくないのが現状です。 まだ大丈夫と言っている間に体はどんどん痛くなり身体には大きな負担がかかってしまいます!早い段階でご自身のお身体としっかり向き合う事をお勧めします。 もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 痛みの認識について [blogcard url="https://shiga-shinya.com/pain/"] ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました