コロナウィルス対策実施中

キレイなボディラインを造る上でトレーニングの注意点!目指せモデル体型

ボディラインを造る上でトレーニングの注意点 ブログ

キレイなボディラインを造る上でトレーニングの注意点 ただただ筋トレをしても筋肉はつきません… キレイなボディライントを造る上でレーニングのする時の注意点は

・自分の身体の可動域を知る ・負荷をかける ・栄養摂取
です。 トレーニングやストレッチを継続して行い、筋肉量が増えてくると
・肩こりや腰痛がなくなった ・身体のラインが見えた ・基礎代謝がUPして自然と痩せた
このような感想を徐々にいただけるようになってきました。 [talk words=”嬉しいですね!” avatarimg=”https://shiga-shinya.com/wp-content/uploads/2018/09/profile.jpg”] ボディラインを造る上でいかに意識して継続ができるか? と言うのがポイントですが、すでにやられてる方は目標に向かって、このまま継続してくださいね。 ただあまり意識しすぎたり、無理をすると
「理想の身体を追い求めたけど疲れて挫折する人」 「理想の身体になったけど、達成感により満足して終わってしまう人」
このような事になりかねません。 せっかくトレーニングに興味をもって頂いているのなら、いい状態をよりキープして欲しいので無理なく継続することをおすすめします。

ボディラインを造るには負荷が必要?

今一度決めた目標を振り返ってみてください。
・肩こり解消してバリバリ仕事したい ・猫背を改善してかっこいい背中になりたい ・スタイリッシュな身体になりたい ・柔軟性のある身体になりたい ・ゴリマッチョになりたい
個々想いがあると思いますが、自分が理想とする身体を維持するには、「ある程度の負荷」かけることが必要になってきます。 ジムやパーソナルトレーニングに行き続ければいいですが、一生行き続けるのは無理がある… 生活環境が変わったり、仕事で転勤になったり… 環境が変わるとそのルーティーンが壊れてしまい、自然と「やらない!」と言う選択肢を選んでしまう人も増えてきています。 そのため
・昔はよくジム行っていたけど今は〇〇で忙しくて… ・もう少し落ち着いたらいつか行こうかな〜
こうなってしまうのは、非常に勿体無いです…なんのためにトレーニングをするのか?を考えて欲しいのですが、 「継続的にトレーニング」ができるのならなんでもいいんです笑 キレイなボディラインであり続けるには、無理なくトレーニングやストレッチを続ける事が、何より最優先なのです。

忙しいあなたがトレーニングで注意してほしい事は

人によっては場所も限られますし、忙しさによってはできない時も🤔 “美”や“健康”は一生問題です! 20代のお客様も、50代のお客様も抱える悩みはざっくり言うと 「いつまでもキレイで健康でいたい!」 かと。 私の場合は、過去の怪我の後遺症で人より痛みやすい身体なので、それが嫌でやり続けているだけなんです。 その中で、少ない回数でもっとこうなれたらいいな! と言うのを追い求めていた結果、「1日10分でできるトレー二ング」で10年以上同じスタイルを維持できているだけにすぎません。 考え方1つ大きく変わってくるのですが例えば、
1日10分もする必要があるトレーニング たったの1日10分で済むトレーニング
あなたはどちらですか? 私の場合は、当初1日45分〜1時間のトレーニングをしていたのですが、結果的に10分でできるようになったので、たったの10分派です^^ 即効性のあるたったの30秒で肩こり改善!というような健康情報ばかり探していると、トレーニングやストレッチの本質を失ってしまうので注意してくださいね! 最近久しぶりにあった同級生に30過ぎてから肩や腰が痛くなってきて、辛いと話を聞きましたが、その同級生は社会人になってから辛くなってきているので、生活習慣に問題があるという事がわかります。 状態だけなら圧倒的に志賀の身体がボロボロですが、なぜ怪我したことのない同級生が身体が辛くなってしまうのでしょうか? 人間の身体は「常に環境に合わせて変化」していくからです。

シンプルにトレーニングをやるかやらないか?

もちろんトレーニングだけではなく栄養も大事なのですが、まずは続ける習慣から。 具体的に何をするといいのかは、STYLE +1でいつもお伝えしている、畳一枚分のスペースできる軸トレになります。 たまたまかもしれませんが、10年ぐらいやり続けていると同年代の平均基礎代謝は1,557.228kalですが、私はやや高く、2600kal前後です。(最近測っていないですが) あなたの基礎代謝は?計算してみてください こちらをクリック そこそこの基礎代謝あるので、お風呂上がりのアイスとか15時のおやつを我慢したことはありません。 あえてデメリットをあげるなら 「地味で楽しくないので苦痛」 トレーニングのためのトレーニングは面白くないんですよね。好きな人は言わなくても勝手にやりますが… まずは1日少しだけ「やってみる」を続けてみてください。 そうすると「その先の向こうにいくことができます^^」 このような気持ちなれたらいい感じですよ。
・やらないと不安になる ・もっと効くやり方を調べ始める
このようになってきたら、教えてくださいね! 志賀があなたに「ようこそ!こちらの世界へ」と言ってあげます^^ 一番怖いのは、「やらない習慣」 年齢と比例して「やらない年数×やる気」で、「めんどくさい」が先に来てしまいます。 やらない時期がつづくと…少しずつ筋肉が落ちていきます… いいことありませんので。 まずは、畳一枚分のスペースで始めてみては? 流行に流されないトレーニング本質をお伝えしています。

お知らせ

スタイルワンでは、
整体受けたい人 体験レッスン受けたい人
を募集しています。 やるからには、あなたの「悩みを解決」できるものにしたいと考えていますので、あなたの現在の悩みを聞かせてくださいね^^]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました