コロナウィルス対策実施中

勝ち色診断!調べ方や効果的な13色の使用方法は?

勝ち色診断のやり方 勝ち色

勝ち色について 勝ち色は、日本味覚学協会が開発したメソッドで、本来持っている力を引き出す色を定義としており、FSEM-エフセム-と呼ばれています。 FSEMとは (Five-Senses-Effect-Method|ファイブ センス エフェクト メソッド) 12対ある脳神経の5感を磨き本来持っているパフォーマンスを引き出すメソッド。

勝ち色診断や調べ方

勝ち色の診断方法の調べ方は、3人1組or2人組で行うことをおすすめいたします。 その理由は、客観的視点が大事ため。 一見すると1人でできそうな感じがしますが、自分よがりな結果になる可能性もありますので、フラットな気持ちで取り組むことが大切です。 あなたの地域で勝ち色の診断を受けたいと考えている場合は、公式HPより調べてみてくださいね。

勝ち色の13色が分かるとどうなる?

勝ち色診断で自分の合う色がわかるようになると ・力の入り方 ・柔軟性 ・呼吸のしやすさ が色によって変化します。 オリンピックの5輪カラーである赤、緑、青、黄、黒+背景の白色 この6色でご自身の勝ち色を診断。 より細くカテゴリーで合う色を見つけるため ピンク、オレンジ、パープル、グレー、ネイビー、ライトブルー、ブラウン 7色の診断をして、合計13色から優劣をつける。

勝ち色の効果的な使用方法

勝ち色の順位が1〜13位まで決まりましたら、効果的な使用方法として説明します。 よくあるのが、13番目の色が合わないから使用しない! これは誤解で、けして下位の色が悪いわけではなく、現在は満たしている色だと考えて頂くのが良いです。 ・普段の練習に負荷をかけるために下位の色を使用する ・試合や大会に向けて徐々に上位の色を使用する このようにカテゴリー分けして使い分けるとよりベストパフォーマンスが出せると考えます。

最後に

勝ち色診断で13色が分かることで、あなたのパフォーマンスがUPする可能性は充分に秘めています。 勝ち色の診断や効果的な使用方法については、現在体験会を開催していますのでこちらからご覧ください。
https://shiga-shinya.com/winner-colour/katiiro-gifu/
]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました